医師との対話


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

医療訴訟を回避する上でもっとも大切と言っても過言ではないのがインフォームドコンセントです。これは簡単に言えば医師とのコミュニケーションです。医療の際、医師から患者に対していろいろと説明がなされるとは思いますが、一つの現実として医師と患者とでは医療レベルに差があります。むしろ医師と患者の医学スキルが同じな訳がありません。

医師にとっては当たり前の事であっても、患者にとっては良く分からない事です。そんな患者に対してどのような治療なのか。どのような効果を得る事が出来て、リスクはないのかといったように、治療に関するあらましを行ってくれるのがインフォームドコンセントです。インフォームドコンセントの役割はどのような治療を行うのかをしっかりと説明して患者自身が納得するよう働きかけてくれるのです。

専門用語で説明されても分からないどころか、ともすると医師という立場に対して畏怖を覚えてしまうかもしれません。ですがインフォームドコンセントを行う事で、どのような治療なのかを知る事が出来るのはもちろんですが、医師に対しての信頼感も得る事が出来ますので、治療への理解が深まるだけではなく、信頼して治療を受ける事が出来ます。

 

セカンドオピニオン

医師とカルテ近年耳にする事も増えているかと思いますが、セカンドオピニオンを活用するのも医療訴訟を減らす上ではとても良い方法と言えるかもしれません。セカンドオピニオンとは、主治医だけではなく、違う医師にも治療に関しての話を聞いてみる事です。医療は医師の判断によって行われるものですが、どのような治療を行うのかは医師の判断次第ですので、違う医師に話を聞けば違う答えが返ってくるかもしれません。

ですから、いろいろな医師に話を聞いてみる事で、自分の主治医が間違っている事を言っていないかを確認するだけではなく、よりよい治療方法を探す事が出来るかもしれないのです。セカンドオピニオンは決して禁止されている事ではありません。いろいろな意見を聞くのは医療の世界に於いてもとても大切な事です。

ですので、主治医の判断が本当に正しいのか分からないケースや、自分自身だけで判断して良いのか分からないような時にはセカンドオピニオンで違う医師の意見を聞く事で、違った選択肢が見えてくるかもしれませんし、主治医に対しての信頼感が増すかもしれません。そこまで信頼を得る事が出来れば、医療訴訟にまで発展するような事はなくなるのではないでしょうか。