医師との対話

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

医療訴訟を回避する上でもっとも大切と言っても過言ではないのがインフォームドコンセントです。これは簡単に言えば医師とのコミュニケーションです。医療の際、医師から患者に対していろいろと説明がなされるとは思いますが、一つの現実として医師と患者とでは医療レベルに差があります。むしろ医師と患者の医学スキルが同じな訳がありません。

医者と相談
画像引用 ‘ほしの内科 横濱関内クリニック | 内科・消化器・漢方外来・鍼灸治療

医師にとっては当たり前の事であっても、患者にとっては良く分からない事です。そんな患者に対してどのような治療なのか。どのような効果を得る事が出来て、リスクはないのかといったように、治療に関するあらましを行ってくれるのがインフォームドコンセントです。インフォームドコンセントの役割はどのような治療を行うのかをしっかりと説明して患者自身が納得するよう働きかけてくれるのです。

専門用語で説明されても分からないどころか、ともすると医師という立場に対して畏怖を覚えてしまうかもしれません。ですがインフォームドコンセントを行う事で、どのような治療なのかを知る事が出来るのはもちろんですが、医師に対しての信頼感も得る事が出来ますので、治療への理解が深まるだけではなく、信頼して治療を受ける事が出来ます。

 

セカンドオピニオン

医師とカルテ近年耳にする事も増えているかと思いますが、セカンドオピニオンを活用するのも医療訴訟を減らす上ではとても良い方法と言えるかもしれません。セカンドオピニオンとは、主治医だけではなく、違う医師にも治療に関しての話を聞いてみる事です。医療は医師の判断によって行われるものですが、どのような治療を行うのかは医師の判断次第ですので、違う医師に話を聞けば違う答えが返ってくるかもしれません。

ですから、いろいろな医師に話を聞いてみる事で、自分の主治医が間違っている事を言っていないかを確認するだけではなく、よりよい治療方法を探す事が出来るかもしれないのです。セカンドオピニオンは決して禁止されている事ではありません。いろいろな意見を聞くのは医療の世界に於いてもとても大切な事です。

ですので、主治医の判断が本当に正しいのか分からないケースや、自分自身だけで判断して良いのか分からないような時にはセカンドオピニオンで違う医師の意見を聞く事で、違った選択肢が見えてくるかもしれませんし、主治医に対しての信頼感が増すかもしれません。そこまで信頼を得る事が出来れば、医療訴訟にまで発展するような事はなくなるのではないでしょうか。

医療訴訟

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

テレビドラマやニュース等で医療訴訟を見かける事も珍しくなくなってきています。かつて医療訴訟は無駄なものと思われていました。医療は神聖なものであって、訴訟を起こすなど問題外。人道に悖る。そのように思われていたのですが時代も流れ、医療ミスがあるのであれば医療訴訟をお越し、被害者という立場でしっかりと物事を見ておきたい。

天秤そのように思っている人も増えているのです。確かにこれはよく分かる話ではあります。かつて医療は医師が言う事が絶対でした。そのため、医療ミスなどそうそう起きるものではないと考えられていたのですが、時代の流れと共に、医師であっても医療ミスを起こしてしまうケースもあり、裁判にまで発展するケースもあるのです。ですが医療訴訟は決して良いものではありません。

必ず勝てると保障されているものではありませんし、裁判ではプライバシーも何もありません。すべてを明るみに出さなければならないのですから、自分にとってあまり公表されたくないような事であっても白日の下に晒さなければならないのです。ですが、仮に医療に対して納得がいかない事が起きたとしたら、どうしても医療訴訟をと考えるようになるのも分からない話ではありません。そこでです。医療訴訟を起こさないようにするためには何が必要なのかをお話します。行いたくて医療訴訟を起こしている人はそうそういないとは思いますが、そもそもなぜ医療訴訟が起きるのかを考えれば、答えが見えてきます。

次ページ⇒医師との対話